【雪】北海道移住奮闘記 part1【残りすぎ】

北海道にきて3年くらい経ちました。

あれ、4年くらい経ったか?

だめだわかんねぇ。

 

(汗)

 

あのですね。

このブログホントは北海道移住ブログなんですよ最初の予定としては。

北海道に移住して果てしない大空と大地を満喫してる記事とか書いてさ、北海道移住の素晴らしさを発信したり、同じ北海道移住者の人脈作ったりとかしてみんなでジンギスカンしてウェイウェイ☆したくてこうやって自己発信始めたんですよ僕は。

なのになんでゲーム攻略の記事やポケモン書いてみた記事とか婚活始めましたとか全裸に関する記事とか家帰ったら流し忘れたウ○コがカッチカチに凍ってたとか(もう解除した)人生初のメイド喫茶に挑戦してそのあとウ○コ漏らした(ごめんまだ書いてない)記事しか書いてないんだ自分。

訳がわかんないんですよホントに。

これもう見バレした瞬間今住んでる町の人たちに「なにこのキ○ガイ」ってなって追い出されるパターンやん。

ホントこのどうしてもアホな事がしたくなる自分なんなの……病気?…死ぬの?…イキル!!!

 

だから今日は北海道に関する記事を書きたいと思います!

 

イエーイ!

 

お題「youは何しに北海道きたの?」

 

失踪したんです!

 

イエーイ!

 

 

いや、ちゃんと書こう。

あれは3年か4年だか前のことでした。

「そうだ!北海道行きたい!」

って思ったんです。

それで原チャとバック一つでフェリーに乗って北海道来たんですよね。

なんか色々ハショリすぎですね。

でも男は誰しもそんな時ってあるんです。

 

ごれいじょお゛、ぎがない゛でぐだしゃい(´;ω;`)

 

4月の末あたりの事でした

小樽港に降り立ったとき僕は驚愕しました。

「え…まだ雪残ってるんですが…」

なんの下調べもせず試される大地へ降り立った自分を呪いました。

その時の服装はジーパンに薄っぺらいジャケット一枚でした。バイクに乗る人は分かると思うんですがそんな格好で雪ある中走ってると凍死するので気を付けようね!

 

目的地は富良野

富良野とは北海道のど真ん中にある町。

北の国からとかで有名なところですね。

200キロくらいあるけどそこまでいかなきゃならなかった。

仕事はそこのキャンプ場で住み込みで働くことが決まってたんですよね。

そこのオーナーさんは新潟からフェリー乗って原チャで小樽から富良野まで向かいマス!とううバカをよく採用してくれたと思います。

まず札幌まで向かってゲストハウスで一泊しました。オーナーさんに「これから原チャで富良野行くんす!」と言うと「ばかだろお前」との返答が返ってきました。分かる!

 

札幌から三笠?だっけか?その辺りまでは山もなく走りやすいのですが。そこから怒涛の山ラッシュがきて3つだか4つだかとにかく山越え確変が入り出すんですよね。

山奥地標高が高くなるにつれて辺り一面雪景色になりこのままクマに食われて死ぬんじゃないかと凍えながら走っていたのを記憶しています。

 

水曜どうでしょうかお前はと

 

次回予告

【キャンプ場バイト。そこはリア充の巣窟で死にたいの巻き】